★感想 最終話「わたしの、最高の友達」★

ついに最終回
まどかの願いは予想以上
やっぱり最後は、もらい泣き(゚´Д`゚)゜
ほむらぁぁ!まどかぁぁ!

★見出し★
  1. 私、魔法少女になる
  2. 別れ
  3. 新世界
  4. 全12話を観て―感想まとめ

私、魔法少女になる★

まどか:
ほむらちゃん、ごめんね。私、魔法少女になる

最終回にしてついにまどかが魔法少女に(。-ェ-)
この時のまどかはほむらの正体も想いも全て知っているので、きっとほむらを救うような、そんな願いをするだろうと予想してました。
まどか:
ごめん。ホントにごめん。これまでずっと、ずっとずっと、ほむらちゃんに守られて、望まれてきたから、今の私があるんだと思う
そんな私が、やっと見つけ出した答えなの。信じて
絶対に、今日までのほむらちゃんを無駄にしたりしないから

お、やはり・・!
まどかの願いは・・

まどか:
全ての魔女を、生まれる前に消し去りたい。全ての宇宙、過去と未来の全ての魔女を、この手で

(゚ロ゚;)

ほむらを救うだけでなく、すべての魔法少女を救うというのか・・。
筆者の予想をはるかに上回る壮大な願いでした。
過去の魔女も消すということは、魔女によって死んでいったマミさん杏子、そして魔女になったさやかも救えるのか・・。
12-1

別れ★

とんでもない願いを叶えたまどかは、新しい宇宙の法則を再編する神様のような存在となりました。
まどか・・最後の最後まで優しいやつだったな。゚(゚´Д`゚)゜
自分の魂を対価にしてまで、他人の幸せを願うなんてさ・・。

まどかの生きた証記憶残らない・・
キュゥべえのその言葉にほむらが泣き崩れる。
ほむら:
これがまどかの望んだ結末だって言うの?こんな終わり方で、まどかは報われるの!?冗談じゃないわ!!
これじゃ、死ぬよりも…もっとひどい…ひどい…

まどかがそっと現れ、ほむらに感謝別れを告げます。
ここからのセリフは感動もの。涙もろいのでポロポロと・・。
過去と未来の全てが見えるようになったまどかは、ほむらが必死に自分を守ってきたことを知ります。
まどか:
今の私になったから、本当のあなたを知ることができた。私には、こんなにも大切な友達がいてくれたんだって。だから嬉しいよ

ほむらのやってきたことが無駄にならなくてよかった。
まどかのその言葉でほむらも少しは報われたかな。
記憶はなくなるけど奇跡を信じてと、別れ際に渡したリボンがまた感動的で・・。
まどか:
ううん。諦めるのはまだ早いよ。ほむらちゃんはこんな場所まで付いて来てくれたんだもん
だから、元の世界に戻っても、もしかしたら私のこと、忘れずにいてくれるかも

記憶から消えても、このリボンをみればほむらにはまどかの存在を何となく思い出すことができるのでした。゚(゚´Д`゚)゜
12-2

新世界★

別れた後、まどかはさやかのもとへ。
そうか、過去の魔女を消し去るってことは魔女になったさやかの運命も変るってことなんだ。
上条君のバイオリンを聴きながら、仁美と幸せになってほしいと願うさやか。
やっぱり上手くいったのか・・あの2人。
結局新しい世界でも上条君のために戦い命を絶っているのですが・・。そういう運命なんでしょうね。

新世界ではマミさん杏子きていてほむらと協力して戦っていました。
リボンを見つめてまどかの名前を呼ぶほむら。
亡き人を思い出すかのようで泣けてきます。゚(゚´Д`゚)゜

まどかが作った新しい世界でも魔法少女は健在。
ほむら:
たとえ、魔女が生まれなくなった世界でも、それで人の世の呪いが消え失せるわけではない
悲しみと憎しみばかりを繰り返す、救いようのない世界だけれど
だとしてもここは、かつてあの子が守ろうとした場所なんだ

まどかのことが分かるみたい??
キュゥべえに魔女がいた世界のこと話してるし、記憶が戻ったのか??
ここから映画につながっていくのかな。
武器、使ってるし!
4/2のブルーレイ発売までお預けということで *'ω'
この続き、楽しみだ´ω`
12-3

全12話を観て―感想まとめ★

正直始めはまどかの魔女退治的な話を想像していました。
ところがどっこい、終わってみれば最後の最後で魔法少女になるという予想もしない展開('∀')
ただの子供だましなアニメではなかったと、いい意味で筆者の予想を裏切ってくれました。
途中まで"魔法少女さやか☆マギカ"ではないかと錯覚するくらい焦らされたのが、ここまで楽しめたポイントなのだと思います(。-ェ-)

今思えば全ての発言行動がまどかの感情に直結して、最後の途方もない願いつながってたんですよね。
1話のまどかがリボンを選ぶところから最後のリボンを渡すところまで全部つながってますよね!
それが分かったときこのアニメすごい!と思いました。
初めから終わりまでよく考えられたすばらしいアニメだと筆者は感じています。
社会現象を起こしたことも納得しました。
マミる」その言葉からまどマギに出会えて本当によかったです。
素晴らしいアニメをありがとう!

最後に「優秀アニメーション作品賞」おめでとうございます!
12


11、12話は魔法少女まどか☆マギカ 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]でゆっくりと。


キャプチャ画像:
アニメ 魔法少女まどか☆マギカ 12話「わたしの、最高の友達」より
©Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS